シフト作成を
アルゴリズムで自動化

資料請求(無料) 無料でお試しする

そのお悩み、Shiftmationが解決します そのお悩み、Shiftmationが解決

時計アイコン

シフト作成にかかる膨大な時間

ペンアイコン

集計の手間・転記のミス

人員アイコン

人員配置・グループの偏り

虫眼鏡アイコン

出勤日の見間違いによる欠勤

サービス

Shiftmationが提供する3つのカンタン

Point1
提出、集計がカンタン

管理者様と授業員様のイラストです

希望シフト提出はスマホのカレンダーで日付をタップするだけ、30秒。
管理画面に自動反映されて、転記の手間もありません。

Point2
作成が自動でカンタン

自動作成画面のイラストです 自動作成画面のイラストです

自動作成ボタンを押すだけで、複数のシフト案が完成。
パズルのようなシフト作成に頭を悩ませる必要は、もうありません。

Point3
確認がカンタン

スマホで確定シフトを確認するイラストです

確定したシフトは、自動でスタッフ様のスマホにお届け。
自分の分だけカレンダーで確認できるので、見間違えることもありません。

30秒でわかるShiftmation

Point1提出、集計がカンタン

希望シフトは個別のメッセージや紙でのやり取り、全員分をエクセルで集計…
そんな作業はもう必要ありません。

シフト提出はスマホで30秒

スマホでシフト提出をするイラストです

スマホでカレンダーを見ながら希望のシフトをタップするだけ。
面倒な文字入力も必要なし、30秒で提出完了します。

集計・転記はエクセルいらず

イラスト

スタッフの皆様が提出したシフトは管理画面に自動反映。
エクセルへの転記の手間も、入力ミスもありません。

Point2作成が自動でカンタン

希望シフトが集まったら、自動作成のボタンを押すだけ。
完成したシフトを選べば、シフト作成が完了します。

自動作成ボタンを押すだけ

自動作成画面のイラストです

全員分のシフトが集まったら、自動作成ボタンを押すだけ。
パズルのようなシフト作成に頭を悩ませる必要はもうありません。

複数のシフトを提案

自動作成を実行すると複数のシフト案が出力される様子を表したイラストです

シフトは複数のパターンをご提案、その中からベストなものを選んでください。
もちろん、一部を修正することも可能です。

ベストなシフトを選んで確定

シフトを確定後、従業員様にシフトが反映される様子を表したイラストです

採用するシフトが決まったら、確定ボタンを押しましょう。
スタッフの皆様のスマホに自動で反映されます。

Point3確認がカンタン

シフトが確定したら、自分専用のカレンダーを自動作成。
人数が多くても、見間違えることはありません。

個人のシフトをスマホに表示

従業員様個人のシフト画面のイラストです

自分専用の出勤予定をカレンダーに表示。
出勤時間も表示されるので、見間違えもなく安心です。

出勤・休日をハイライト可能

カレンダーをハイライトした状態の画面イラストです

管理画面では、出勤シフトや特定シフトだけをハイライト表示が可能。
その日の出勤確認がラクになります。

機能

機能1
見やすいインターフェース

ユーザーインターフェースイラストです ユーザーインターフェースイラストです

業務システムでありながら、やわらかな印象の画面を操作いただけます。

機能2
マルチデバイス対応

弊サービスがパソコンやスマホ、タブレット対応していることを表すイラストです

クラウド型のサービスなので、専用の機器はいりません。
お仕事で利用されているパソコンをそのままご利用いただけます。
もちろん、スマホやタブレットもご利用可能です。

機能3
アルゴリズムによる最適化

アルゴリズムのイラストです

シフトの作成条件と、スタッフの皆様の希望シフトをもとに、アルゴリズムで最適化。
あとは完成したシフトを確認するだけです。

ご利用料金

31日間、すべての機能を無料お試し

月額料金(1人あたり)
600円/月(税別)
※対象スタッフ様1人あたりの料金
※導入初期費用:無料
  • ・お試し期間終了後は、自動作成など一部の機能が制限されます。
  • ・シフト生成のアルゴリズムや全体の使い勝手は日々アップデートしてまいります。
  • どんどん使いやすくなるShiftmationを、まずはお気軽にお試しください。

メディア掲載実績

  • 東洋経済オンライン
  • 財経新聞
  • 産経ニュース
  • 時事ドットコム
  • ダイヤモンド・オンライン(Diamond Online)
  • 現代ビジネス
  • PRESIDENT Online
  • クラウド Watch
  • CNET JAPAN